タイ労働省 労働許可証更新を怠った出稼ぎ労働者には強制退去も

タイ労働省はラオス、ミャンマー、カンボジアからの出稼ぎ労働者に対し、10月31日の期限までに労働許可証の更新手続を行うよう呼びかけている。これを怠った場合、重い刑罰が科せられ、強制退去となる恐れがあるという。

同省雇用局によれば、9月の時点で労働許可証更新を申請した出稼ぎ外国人労働者は6万1193人。期限までに更新しなかった場合、出稼ぎ労働者は5万バーツまでの罰金刑と国外退去が科せられる可能性がある。また、出稼ぎ外国人労働者を不法就労させた雇い主には労働者1人当たり10万バーツまでの罰金刑が科せられる可能性がある。

関連記事

ページ上部へ戻る