タイ工業連盟 反政府デモへの慎重な対応を政府に求める

バンコクで大規模な反政府デモが決行されたことから非常事態宣言が発出されることになったが、タイ工業連盟(FTI)は関係当局に対し同宣言のもとで措置を講ずる場合は不測の事態を回避すべく慎重に行うよう求めた。

非常事態宣言発出についてアーコム財務相は、「群衆管理と経済的損失の発生回避が目的」と説明しているが、反政府デモ問題が深刻化して経済に悪影響を与える恐れがあることから、スパンFTI会長は、「(新型コロナで打撃を受けている)タイ経済がさらに打撃を受けることになるため、デモがエスカレートすることがないよう望むだけ」と話している。

関連記事

ページ上部へ戻る