タイ中銀 今年上半期の経済成長見通しを下方修正か

タイ中央銀行によれば、今年上半期(1~6月)におけるタイ経済の成長は新型コロナの変異株「オミクロン株」の感染拡大で先行きが不透明になっていることから当初の予想を下回る可能性があるという。タイでは今年第1四半期(1~3月に政府が新型コロナの感染拡大を抑制すると期待されているが、これは言い換えれば、同四半期中はオミクロン株の影響が続く恐れがあるということであり、これが経済成長の足かせとなりそうだという。

なお、中銀が先に示した今年のタイ経済成長見通しは3.4%となっている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る