豚の飼育頭数 今年は前年比12%減の見通し 豚肉価格高騰の原因にも

タイ国内では現在、豚肉の大幅な値上がりが大きな社会問題となっているが、農業省畜産開発局によれば、国内における今年の豚の飼育頭数は前年を約12%下回る見通しという。これは同局が先に全国で実施した豚の飼育頭数に関する調査の結果に基づいたものだ。それによると、現在国内で飼育されている豚は1080万頭あまりで、今年1年間の飼育頭数は前年を11.8%下回る見通しという。

また、同局によれば、飼育頭数の減少は、主に小規模養豚農家が景気低迷に伴う豚肉需要の減少で豚肉がだぶつくことなどを懸念し飼育頭数を減らしていることが大きいとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る