プーケット ヘルス・ツーリズムのレベルアップに14億バーツ投入

タイ政府は3月1日の閣議で、南部の観光の島、プーケット県で展開されるヘルス・ツーリズムの内容改善に14億1000万バーツを投入する計画を承認した。この計画には医療サービスを受ける外国人をプーケットに積極的に呼び込むため総合的医療施設を設けることなどが盛り込まれている。同施設の敷地面積は約22ヘクタールで、工期は2023~2026年。タナコン政府報道官によれば、この計画を通じて、雇用の拡大やタイ経済の成長促進が期待されるとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る