中国輸出のタイ果物から新型コロナウイルス検出 トラックからも 

各種果物の産地として知られる東部チャンタブリ県からの報道によれば、同県から中国に輸出されたドリアンが新型コロナウイルス汚染を理由に3日間にわたって受け入れ拒否となったことから、県知事が果物輸出業者に対し、新型コロナ対策の徹底を指示した。

中国側の説明では、ドリアンの梱包の表面から新型コロナウイルスが検出されたという。どのような検査が実施されたかは不明だが、ドリアンを運んでいたトラックからもウイルスが見つかったとのことだ。

同県のスティー知事は、「タイの対中果物輸出に支障が出ないよう果物の取り扱いにおいて感染対策を徹底したり、感染者が作業員に紛れ込んでいないよう検査を実施したりすることが必要」としている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る