7500万バーツ相当のドリアンを中国に鉄道輸出 前回は返送される

タイ国有鉄道(SRT)によれば、7500万バーツ相当のドリアンがラオス経由で中国に鉄道輸出される。4月にもタイから中国へドリアンが鉄道輸出されたが、この時は中国側の検査でドリアンの梱包の表面から新型コロナウイルスが検出されたとの理由でタイに戻された。今回は2度目であり、新型コロナ対策も強化されているという。

果物の王様と呼ばれるドリアンだが、中国に出荷されたのは東部のラヨン、チャンタブリ、トラート3県で収穫された425トン分で、4月25日にラヨン県のマプタプット工業団地で列車に積み込まれた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る