中銀総裁 コンドミニアムのだぶつきを懸念 世界経済減速受け

タイ中央銀行のウィラタイ総裁はこのほど、世界経済の減速によってタイのコンドミニアム市場では外国人とりわけ中国人の買い控えが進み供給過剰となる恐れがあるとの見方を示した。

タイではこれまで中国人など外国人のコンドミニアム購入が増加傾向にあった。だが、ここに来て世界経済がスローダウンしていることから購入したコンドミニアムを手放す外国人も増えているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る