1~9月期の訪タイ外国人 見通しをわずかに上回る タイ国政府観光庁

タイ国政府観光庁(TAT)のユタサク長官は10月2日、今年1月1日から9月1日までの期間にタイを訪れた外国人は合計約601万人で、TATの見通し600万人をわずかに上回ったと報告した。

訪タイ外国人の内訳は、マレーシア人97万2699人、インド人56万1656人、ラオス人41万563人、シンガポール人31万1567人、カンボジア人30万9034人など。 また、サクサヤム運輸相によれば、9月にタイを訪れた外国人は約108万人で、1~8月期の月間平均56万9675人を90.2%上回っている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る