空軍 F35購入計画堅持の構え 野党は徹底抗戦の構え

野党陣営は5月31日~6月2日にかけて下院で行われる来年度予算案の審議で空軍のF35ジェット戦闘機購入計画を持ち出して同案を否決に持ち込む方針というが、関係筋によれば、空軍は今のところこの計画を取り下げることは考えていないという。

F35は米国の航空機メーカーなど複数の企業によって開発された次世代の高性能ステルス戦闘機。空軍関係筋は、「戦闘機が老朽化しているタイにおいて防空能力を引き上げるためにはF35を1機約27億バーツで8機購入する必要がある」としている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る