金のネックレスに自家用車 貧困者支援金受け取り 首相がニセ貧困者調査を指示

低所得者を支援するという政府のプログラムのもとで、低所得者と認定されたことを示すカードの保有者に1人当たり500バーツが支給されている。だが、金のネックレスをして自動車も所有しているとみられる女性が500バーツを手にしたとの写真がネット上に投稿されたことから、低所得者ではない者がカードを手に入れている疑いが浮上。このため、プラユット首相がプログラム実施の責任機関である財務省に対し事実関係を確かめる調査を命じた。

調査でカード保有者が低所得者でないことが判明した場合、カードは無効とされるという。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る