下院予算精査委員会が戦闘機購入予算請求拒否 空軍が反発

下院の小委員会が先に米国製F35Aジェット戦闘機2機を購入するための空軍の予算請求を来年度(今年10月~来年9月)の予算案から除外すると決めたが、この決定に空軍が反発。このため下院予算精査委員会が8月2日にこの件を検討することになった。

ただ、最大野党・タイ貢献党に所属するユタポン議員は7月31日、同小委員会の副議長として、「空軍の予算請求を認めないという小委員会の姿勢に変わりはない」と繰り返した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る