親軍部の政党に違反行為の疑い 中央選管が調査へ

親軍部で現政権を支持しているパランプラチャラット党(国民国家の力党、PPRP)が政党関連法に違反したとされる2ケースについて、中央選挙管理委員会が現在、調査を急いでいる。

最初のケースは同党がノンタブリ県で行った政治資金集めのパーティー。第2のケースは同党が東北部ヤソートン県ルンノックター郡で低所得者であることを示す福祉カードを提供することを条件に高齢者に同党党員になるための申し込みをさせたというもの。同カードがあると様々なサービスを受けられる。

中央選管は2カ月以内に調査を終える予定という。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る