副首相資産隠し疑惑での判断に批判集中 NACC委員罷免要求の動きに発展

 現政権のナンバー2であるプラウィット副首相兼国防相の高級腕時計に関する虚偽資産報告疑惑について先に国家汚職制圧委員会(NACC)が委員5人のうち3人の賛成で「嫌疑不十分」との判断を示したことを受けて、この判断を不満とする活動家や政治家がNACC委員5人全員の罷免要求キャンペーンを展開する動きを見せている。

これら活動家などによれば、NACCはプラウィット副首相が高級腕時計を資産に含めずに虚偽の資産報告をしたことを裏付ける証拠を見つける努力を怠ったもので、これは不法行為に該当する可能性がある。このため、2万人の署名を集めて立法議会(NLA)に提出し、NACC委員罷免に向けた最高裁判所の審議を求めることをNLAに検討させる必要があるとのことだ。

プラウィット副首相の高級時計絡みの虚偽資産報告疑惑は今年初めに浮上してきたものだが、NACCは長期にわたって目立った動きを見せず、批判の拡大を避けようとしたかのように年の瀬の慌ただしいこの時期になってようやく最終判断を示すことになった。

現政権のナンバー2であるプラウィット副首相兼国防相の高級腕時計に関する虚偽資産報告疑惑について先に国家汚職制圧委員会(NACC)が委員5人のうち3人の賛成で「嫌疑不十分」との判断を示したことを受けて、この判断を不満とする活動家や政治家がNACC委員5人全員の罷免要求キャンペーンを展開する動きを見せている。

これら活動家などによれば、NACCはプラウィット副首相が高級腕時計を資産に含めずに虚偽の資産報告をしたことを裏付ける証拠を見つける努力を怠ったもので、これは不法行為に該当する可能性がある。このため、2万人の署名を集めて立法議会(NLA)に提出し、NACC委員罷免に向けた最高裁判所の審議を求めることをNLAに検討させる必要があるとのことだ。

プラウィット副首相の高級時計絡みの虚偽資産報告疑惑は今年初めに浮上してきたものだが、NACCは長期にわたって目立った動きを見せず、批判の拡大を避けようとしたかのように年の瀬の慌ただしいこの時期になってようやく最終判断を示すことになった。

関連記事

ページ上部へ戻る