民主党党首が苦言 「現ナマで所属議員の引き抜き画策」

プラユット首相が参入したことで新党・タイ団結立国党(UTN)の注目度が高まっているが、トライロンUTN副党首はこのほど、同党が相当額の提供を条件に民主党議員を取り込もうとしている事実はないと明言した。

民主党のチュリン党首(副首相兼商務相)は先ごろ、同党所属議員を引き抜こうとしている政党があると指摘。党名こそ挙げなかったものの、「友人の池から魚を釣り上げるようなもの」などと述べ、それがUTNであることを示唆していた。

これに対し、元民主党幹部のトライロン氏は、「ほかの政党から誰かをカネでUTNに引き抜こうとしたことなどない」と強く反発している。

アーカイブ

ページ上部へ戻る