下院総選挙 中央選管が3月10日投票を提言

5月4日に戴冠式が執り行われることから2月24日実施とされていた投票日を変更する可能性が高まっている。中央選挙管理委員会筋によれば、中央選管はすでにウィサヌ副首相に3月10日投票を提言したという。

政府は戴冠式や関連行事とぶつからないとの理由で3月24日投票が望ましいと考えているようであるが、その一方で、両者は3月中のほかの日曜日を投票日とすることも検討中とのことだ。

一方、バンコクでは1月6日、約150人が街中で総選挙延期に反対する声を上げるとともに、早期に総選挙の日程を正式発表するよう求めた。

今回総選挙遅延に反対を表明したグループは、中央選管が総選挙の日程を正式発表しない場合、1月8日にバンコク中心部のラチャプラソン交差点で抗議デモを行うとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る