世論調査 首相候補人気でプラユット首相は第3位

総選挙後の首相選に立候補するとみられる人たちについてタイ国立開発行政大学院大学(NIDA)が先ごろ、人気はタイ貢献党のペートンターン氏が1位、前進党のピタ党首が2位、プラユット首相が3位との世論調査結果を発表したが、プラユット首相は3月20日、「調査の結果は気にしていない。総選挙に向けて最善を尽くすだけ」と述べた。

また、中核与党の国民国家の力党と与党・タイ威信党が総選挙後に手を組むことで合意したと報じられているが、これについて問われたプラユット首相は、「そのことを語るのは時期尚早」とだけ返答した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る