最大野党と最大与党の連立構想に温度差

最大野党・タイ貢献党の首相候補の1人、セーター氏が先ごろ、現最大与党・国家国民の力党(PPRP)と連立政権樹立で手を組むことはないと述べたことについて、PPRP幹部は「セーター氏に決定権はないと」と反論した。

セーター氏は東北部ルーイ県で行われた選挙運動で、「タイ貢献党は2014年5月の軍事クーデターにかかわった者がいる2党と連立政権を構えることはない」と明言。2党とは、同クーデター首謀者であるプラユット陸軍司令官(当時、現首相)が所属するタイ団結立国党、そして、当時の軍首脳の1人、プラウィット副首相が党首を務める国民国家の力党の2党という。

アーカイブ

ページ上部へ戻る