プラユット首相 主要政党の公約を「非現実的」と批判

プラユット首相はこのほど、タクシン派タイ貢献党の支持者の多い北部チェンマイ県で「主要政党の中には非現実的で実行不可能な公約を打ち出しているところがあるが、これは空約束だ」と批判するとともに、有権者に対しこのような公約に耳を貸さないよう呼びかけた。

首相は政党名には言及しなかったが、タクシン派のタイ貢献党や民主党などに向けた批判との見方が支配的だ。タクシン派はこれまでに軍部によってタクシン派の政党やタクシン派の政権を潰されており、軍部に対しては批判的な姿勢をとり続けている。また、タクシン元首相が北部チェンマイ県出身であることから同県を含む北部はタクシン支持者が多いことで知られている。

関連記事

ページ上部へ戻る