前進党による名誉毀損の訴えを裁判所が棄却

6月28日の刑事裁判で、タイパクディー党のワロン党首に名誉を毀損されたとする前進党の訴えが棄却された。ワロン党首が今年1月と2月にインタビューやネットへの書き込みで「前進党が王室への批判・攻撃に関与している」と批判したことで名誉を傷つけられたとして訴えたが、裁判所は、「批判は憲法で許容された範囲であり、名誉毀損には該当しない」と判断した。

なお、前進党は以前から不敬罪を規定した刑法112条の改廃を提唱しており、王室支持派からは「王室軽視」といった批判を浴びている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る