世論調査結果 「プラユット氏に今後も国政を任せたい」が最多

タイ国立開発行政大学院大学(NIDA)はこのほど、「最も多くの人がプラユット首相にこれからも国政を任せたいと考えている」などとする世論調査結果を発表した。調査は1月2~15日にかけて2500人に電話でインタビューした。

「総選挙後の国政を誰に任せたいか」との質問では、最多の26%が「プラユット首相」と回答。これに、「スダラット女史」(タイ貢献党戦略委員長)22%、「アピシット民主党党首」(11%)が続いた。

関連記事

ページ上部へ戻る