首相が明言 「現政権の政策を継続する政党への参加を検討」

プラユット首相は現軍政と軍部を支持する政党に加わり総選挙後も首相として国政を担当する意向と報じられているが、首相は1月22日、現政権の打ち出した政策を反古にしない政党への参加を検討する考えだと明らかにした。

ただ、首相は、「まず政党から(参加の)誘いがなければならない。だが、誘いに応じるかどうかは別の話だ」と付け加えた。

なお、プラユット首相はパランプラチャラット党(PPRP)に入る可能性が高いとされているが、首相によれば、今のところ同党から誘いはないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る