プラユット首相 政党からの辞任要求に対し口汚く憤りを示したことを謝罪

プラユット首相は首相辞任を求めた政党に対し、乱暴なタイ語を使って怒りをあらわにしたことから2月2日、「不愉快な思いをさせてしまった。少し我を忘れてしまった」と謝罪した。

これは、パランプラチャラット党(国民国家の力党、PPRP)がプラユット氏を同党の首相候補に決めたことに対し、タイ貢献党や民主党が「首相候補になるならプラユット氏は首相を辞めるべき」と主張したことによるもの。

なお、首相候補になったら首相を辞任しなければならないという法律は存在しない。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る