中央選管 7日までに立候補届を提出するよう各政党に呼びかけ

下院総選挙の立候補届は2月8日が受け付け最終日となっているが、中央選挙管理委員会のチャルンウィット事務局長は6日、政党に対し、トラブルを避けるために7日のうちに立候補届を済ませるよう呼びかけた。

7日に立候補届をすれば、仮に不備が指摘されても8日に再提出することができる。だが、8日に立候補届をして不備があった場合、再提出が間に合わない恐れがあるためだ。

立候補届は4日から受け付けられているが、4~6日の3日間の立候補届は小選挙区が66党7409人、比例代表が10党579人となっている。また、同期間中に7党が首相候補リストを中央選管に提出した。

関連記事

ページ上部へ戻る