ウィサヌ副首相が指摘 「首相の選挙運動参加は法律で禁じられている」

現軍政と軍部を支持する国民国家の力(パランプラチャラット)党(PPRP)はプラユット首相を同党の首相候補とすることになったが、ウィサヌ副首相はこのほど、「プラユット首相がパランプラチャラット党の選挙運動を手助けすることは法律で禁じられている」と指摘するとともに、この件について選管と関係当局の間で話し合ったことを明らかにした。選挙関連の法律では「非党員と政治的ポストに就いている者は選挙運動に参加できない」と規定されており、これに従うことで合意されたとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る