中央選管 タイ国家維持党の解党を憲法裁判所に求める

タイ中央選挙管理委員会は2月13日、王室に対する不適切な行為がタイ国家維持(タイラクサーチャート)党にあったとして同党の解党と役員の公民権停止を憲法裁判所に請求した。公民権停止の期間は10年間から一生涯となっている。

同党が解党となるのは、憲法裁が選管の請求を受け入れ、選管の主張を是認した場合だが、憲法裁は14日午後にも請求を受け入れるか否かを決める見通しだ。

関連記事

ページ上部へ戻る