タイ国家維持党の解党請求 憲法裁判所が受理 判事全員が賛成

タイの憲法裁判所は2月14日、選挙運動に王室をかかわらせることを禁じた政党法違反の罪でタイ国家維持(タイラクサーチャート)党を解党するよう求めた中央選挙管理委員会の請求について、1時間以上にわたり検討。その結果、判事全員の賛成でこの請求を受理することを決めた。

同党には訴状のコピーを受け取ってから7日以内に反論文を憲法裁に提出することが求められたが、憲法裁から同党に対し選挙運動などの政治的活動を禁止する命令は出されなかった。

関連記事

ページ上部へ戻る