首相候補による公開討論会 プラユット首相の参加は可能 中央選管が見解

タイ中央選挙管理委員会のイティポン委員長は2月25日、政党の首相候補による討論会に国民国家の力(パランプラチャラット)党の首相候補であるプラユット首相が参加することに問題はないとの見解を示した。

憲法改正に伴い、総選挙で選ばれた下院議員500人と上院議員250人が政党の推す首相候補から首相を選ぶことになっている。

一方、プラユット首相の討論会参加について、ウィサヌ副首相は、「プラユット氏は中立の立場を堅持する必要がある」と力説している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る