ウィサヌ副首相 上院議員の選出方法を改めて説明

総選挙後の国会は総選挙で選ばれた下院議員500人と指名制の上院議員250人で構成されるが、ウィサヌ副首相がこのほど上院議員の選出方法を改めて説明した。

まずプラウィット副首相兼国防相を長とする選考委員会が候補者を400人に絞り込み、この中から軍を中心とする国家平和秩序評議会(NCPO)が194人を選ぶ。これに、陸海空3軍の司令官、国軍最高司令官、国防事務次官、警察庁長官の6人が固定枠として加わる。そして残り50人については、中央選管の監督下で選ばれた候補者200人の中からNCPOが選ぶことになっている。このため、上院議員は実質的に軍の影響下に置かれることになる。

関連記事

ページ上部へ戻る