タイ国家維持党 解党か否かの結論は3月7日 憲法裁判決

憲法裁判所は2月27日、タイ国家維持(タイラクサーチャート)党の解党を求める中央選挙管理委員会の請求に対する決定を3月7日に下すと発表した。

同党はウボンラット王女殿下を同党の首相候補として中央選管に届け出たが、これが関連法に抵触するとして中央選管が憲法裁に同党の解党を請求した。

憲法裁によれば、判断に必要な証拠が十分にあるため関係者から聞き取りを行う必要はないとして、3月7日午後1時30分に決定を下し、午後3時から判決文を読み上げる予定。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る