ウィサヌ副首相 「ソーシャルメディア選挙運動は規制が必要」

フェイスブックなどのソーシャルメディアを通じて政党が選挙運動をするのを法律で規制することに賛否両論が出ているが、ウィサヌ副首相は9月20日、「政党による訴訟合戦に発展する」として法律による規制が必要との考えを示した。

政治活動禁止は部分的に解除されたものの、選挙運動に直接結びつく政治活動はいまだ禁止されたままとなっていることについて同副首相は、「選挙運動が許可されれば、すぐに政党が泥仕合を始めてしまうため」と説明。ソーシャルメディアによる選挙運動に歯止めをかけずに選挙運動を許可することは危険との見方を示した。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る