香港入国予定のタクシン元首相の身柄引渡し要求は行わない タイ検察

首相在任中の職権乱用などの罪に問われ保釈中に国外逃亡、その後の欠席裁判で有罪が確定し現在事実上の亡命生活を続けているタクシン元首相について、検察当局は香港当局に元首相の身柄引渡しを請求しない方針を明らかにした。

元首相は近く娘の結婚式が香港で行われることから同国に入国する見通し。検察庁外事課によれば、犯罪人の身柄引渡しは、最初に警察が要求して関連情報を検察に提出。これを受け検察が外務省を通じて当該の国・地域に身柄引渡しを請求するという手続きを踏むことになっているが、今回、タイ警察は何の要求もしていない。

関連記事

ページ上部へ戻る