中央選管 運営での不手際認めるも「総選挙は有効」

中央選挙管理委員会のイティポン委員長は3月27日、今回の総選挙では不手際もあったが、選挙自体は有効だと述べた。

中央選管に対しては、「投票所の記載ブース設定などに問題がある」「投票率が異常に高い選挙区がある」「選挙スタッフがしっかり訓練されていない」「投票用紙の搬送が遅れている」といった批判が出ている。

なお、ネット上では、「今回の総選挙は問題だらけ」として、中央選管の委員罷免を求める意見があり、これに賛同する人が80万人にのぼっているという。

関連記事

ページ上部へ戻る