プラユット首相 総選挙後も政治にかかわっていくことを示唆

プラユット首相は9月24日、政府庁舎で「政治に関心がある。なぜなら(現政権が打ち出した)政策が成功するか、継続されるかが気がかりだからだ。しかし、今日言えるのはここまで。わたしが何を決め、誰を支持するかについてはまた話すことにしよう」と述べ、来年の総選挙後も政治にかかわっていくことを示唆した。

この発言について、政党関係者からは、「プラユット氏が総選挙後も政治にかかわることを歓迎するが、総選挙と首相選びにおいてルールをしっかり守ると明言してほしい」といった声も出ている。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る