民主党議員の大半が親軍部政党との連立を支持か

反軍部のタクシン派・タイ貢献党率いる陣営と親軍部の国民国家の力党を中核とする陣営のどちらが連立政権を樹立できるかに関心が集まっているが、民主党のタウォン元副党首によれば、同党では小選挙区での当選者(非公式)の大半が国民国家の力党側につくことを望んでいるという。

中央選管による非公式発表では、獲得議席数で民主党はタイ貢献党、国民国家の力党、新未来党に次ぐ第4位となっている。なお、民主党では新しい党役員と新たに当選した下院議員による話し合いでどちらの陣営につくかが決められる見通しだ。

関連記事

ページ上部へ戻る