入国審査の優先カード 「不正利用が横行」とネット上に批判の声

タイの主要空港では外国からのフライトが集中する時間帯に入国審査を待つ人々の長蛇の列ができ不評を買っていることから、優先的に入国審査を受けられるカードが一部の人々に提供されているが、このカードに絡んだ不正が横行しているとの批判がネット上に投稿されている。

ただ、警察庁入国管理局では「優先カードサービスは同局が外注した業者が提供しているもので、旅客機のファーストクラスとビジネスクラスの客にのみ提供されている」として関与を否定。しかし、ネット情報によれば、規則に反して旅行代理店が一部の個人客や団体客にカードを販売しているとのことだ。

入国管理局の説明によれば、優先カードサービスは外注業者とエアラインが提供しているため、同局は同サービスから収入も得ておらず、サービスの具体的内容などにも一切タッチしていないという。

関連記事

ページ上部へ戻る