アピシット民主党前党首 「親軍部政党と連立なら議員辞任」との報道を否定

いずれの陣営が連立政権を構えるかで重要な役割を果たすとみられている政党のひとつ、民主党のアピシット前党首は5月21日、「民主党が国民国家の力党陣営が連立政権を構えるのを手助けすることになれば、アピシット氏は下院議員を辞める」との一部報道について、「根も葉もない噂にすぎない」と全面的に否定した。

民主党は今のところどの陣営につくか明確にしていないが、アピシット氏は総選挙前からプラユット首相の続投、すなわち国民国家の力党を中核とする連立政権が誕生することに反対していた。

関連記事

ページ上部へ戻る