国民国家の力党が連立政権樹立に向けて前進か タイ貢献党陣営に亀裂も

軍関係筋によれば、親軍部の国民国家の力党を中核とする連立政権樹立が現実のものとなりつつあるという。連立政権には、民主党とタイ威信党の2党が参加する見通しで、6議席を保有する新経済党も加わるとみられている。

新経済党では、タクシン派のタイ貢献党陣営への参加を表明していたミンクワン氏が党首を辞任したが、これは国民国家の力党側への乗り換えに向けた準備と考えられるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る