アピシット元首相 国民国家の力党との連立決めた民主党議決に反発し議員辞職

タイ下院(定数500)で53議席をもつ民主党は6月4日、党役員と下院議員の会議で、国民国家の力党を中核とする陣営に参加して連立政権を構えることを賛成61反対16で決定した。

この決定を受け、アピシット前党首(元首相)は「プラユット現首相の続投阻止を公約に掲げていたが、これを反故することになった責任をとる」として5日、議員辞職を発表した。

関連記事

ページ上部へ戻る