新内閣は6月中に誕生見通し 首相「完璧な内閣とはいえない」

プラユット首相は6月18日、一部の入閣予定者に批判が出ているものの、首相としてできることはほとんどなく、新しい内閣は完璧とは言えないかもしれないとの認識を示すとともに、その役職にふさわしくないことが判明した閣僚は内閣改造で交代させることなると述べた。

なお、首相によれば、新内閣の顔ぶれはすでに決まっており、6月中に組閣について国王陛下のご承認を得るための手続きがとられる予定という。

関連記事

ページ上部へ戻る