エネルギー相ポスト巡る政権党内抗争が決着 有力派閥の要求に首脳部屈する

連立政権の中核となる国民国家の力党で、エネルギー相ポストを巡る党内のトラブルが報じられていたが、これが決着した模様だ。党内の有力派閥「サームミット」は当初の約束通りエネルギー相ポストを要求し、これが叶えられない場合は党を離脱する構えを見せていた。

そのため、党首脳陣は派閥の要求を受け入れ、エネルギー相ポストを派閥の領袖であるスリヤ氏に与えることに同意。これに伴い、エネルギー相に就任するとみられていたソンティラット幹事長は7月1日、「エネルギー相にはならない」と表明することとなった。

なお、プラユット首相は同日、閣僚ポストを巡る今回の党内トラブルについて「党内には閣僚になりたい者がたくさんいて軋轢が生じている。国民に謝罪する」と述べた。

関連記事

ページ上部へ戻る