元副首相が新政権に助言 暴力的対立を避けるため「聞く耳持て」

タイ中央銀行総裁経験者のプリディヤトン元副首相は7月4日、タイ国報道評議会(NPCT)創設22周年にちなんだイベントでの基調講演「デジタル時代におけるプロフェッショナルスタンダード」の中で、新政権に対し、これまでに何度となく起きた暴力的対立を回避すべく様々な意見に耳を傾けるよう求めた。

タイでは、これまでに軍部の政治介入に対する学生や市民の決起、軍部による全権掌握などが何度か起きているが、プリディヤトン氏は現在の状況が当時と同じように感じるという。このため、新政権は暴力的対立が生じないよう耳障りな意見にも耳を傾ける必要があると訴えた。

関連記事

ページ上部へ戻る