陸軍トップ 「政治から足を洗う」と明言 ただ上院議員職は続投

 アピラット陸軍司令官はこのほど、現軍政の後ろ盾である国家平和秩序評議会(NCPO)が新政権誕生に伴い解散となったとあとは政治に関わらないと言い切った。

2014年5月のクーデターで軍部が全権を掌握したことで設置されたNCPOは軍幹部などで構成され、アピラット司令官はNCPO事務局長を務めている。

アピラット司令官は、「(新閣僚が正式に就任して)新政権が発足したら、政治にはいっさい関与せず、プロの軍人であることに専念する」と述べた。

ただ、アピラット司令官は上院議員に選ばれているため今後も政治に関与することになるが、これについては「上院議員としての役目を果たすのは議会内だけ」と述べ、「政治に関わらない」が「議会以外の場所で政治的発言をしない」との意味であると説明した。

関連記事

ページ上部へ戻る