警察当局が否定 「11億バーツの小型ジェットは副首相の専用機ではない」

タイ警察が先に11億バーツで購入した小型ジェット機について「プラウィット副首相兼国防相の専用機であり予算の無駄遣い」との批判が出ていたが、警察当局は7月8日、「プラウィット氏も乗ることもあろうが、そのためだけに購入したものではない」と説明した。

10人乗りの同ジェット機は小型で短い滑走路で離着陸できることから警察の緊急作戦などに利用するため購入したという。また、同機については、高級な特別仕様との情報も流れていたが、これも事実ではなく、通常の仕様とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る