宣誓式における宣誓の文言 野党が議会で首相に説明要求へ

新閣僚の宣誓式におけるプラユット首相の宣誓の言葉が不十分だったとされる問題で、野党陣営は8月3日、数日中に開かれる下院の審議の中で首相に説明を要求する方針を明らかにした。

最大野党・タイ貢献党のスティン議員によれば、野党陣営はプラユット首相が宣誓をやり直すべきかあるいは首相を辞任すべきかについて、憲法裁判所か国家汚職制圧委員会(NACC)に判断を求める方向で検討しているとのことだ。

首相が説明せずに問題がクリアにならない場合、野党陣営は不信任案を提出する方針という。

関連記事

ページ上部へ戻る