組閣に不満の弱小与党をなだめるため大臣補佐などの役職付与

連立政権を構成する19党のうち弱小10党のいくつかが閣僚ポストの割り振りに不満を抱き、政権離脱を表明している政党も出ているが、この問題を解決すべく、政権の中核をなす国民国家の力党は、複数の弱小政党に大臣の補佐や顧問のポストを割り振ることにしたという。

プラユット首相が15日にも弱小政党の代表と会って慰留を目的とした話し合いをする予定とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る