プラユット首相の宣誓式「言葉足らず」問題 8月中に下院審議

チュアン下院議長は8月16日、新閣僚の宣誓式においてプラユット首相の宣誓が不完全だったとされる問題と政府の政策綱領について8月中に下院で審議が行われるとの見通しを明らかにした。

宣誓問題については、野党陣営が憲法違反だとしてプラユット首相の責任を追及する構えを崩していない。

また、首相による政策綱領の発表に関しても、野党陣営は、首相は政策を具現化するための財源を説明しておらず、憲法に違反していると非難している。

関連記事

ページ上部へ戻る