閣僚宣誓式での「言葉足らず」問題 野党が不満「審議時間が足りない」

新閣僚の宣誓式においてプラユット首相の宣誓の文言が不完全だったとして野党が首相の責任を追及しようとしている問題で、政府は閣議でこの件に関する下院審議を今通常国会の最終日である9月18日に行うことを決定。野党陣営はわずか1日では時間が少なすぎるとして政府の決定を批判した。

最大野党・タイ貢献党の幹部、スティン議員によれば、野党には政府の仕事ぶりをチェックするという任務があるが、今回の決定は野党の任務遂行を妨害するものと訴えた。

一方、チュアン下院議長は同日、「審議は早朝に始めれば1日で十分」との見解を示した。

関連記事

ページ上部へ戻る