タイ海軍 中国製潜水艦購入のためフリゲート購入延期か

関係筋によれば、海軍は2020年度(今年10月-来年9月)に2隻目の「潜水艦」を中国から購入することを予定していることから、2隻目の「フリゲート艦」を150億バーツで購入する計画を延期する可能性が高いという。

同筋は、「海軍としてはフリゲート艦より潜水艦の購入の方を重要視している」と指摘している。

なお、政府の計画では、潜水艦を合計3隻購入し、支払いを2030年までに終えることになっている。

関連記事

ページ上部へ戻る