総選挙2か月遅延との噂 だが副首相は否定

総選挙は来年2月24日に投票が行われるとの見方が有力だが、ここに来て「投票日は2か月後の4月28日にずれ込む」との噂が広まっている。しかし、プラウィット副首相兼国防相は10月3日、「総選挙を遅らせる理由はない」と述べて、国民の多くが予想している通りに総選挙が実施されるとの見方を示した。

また、「国内が大きく混乱するような政治的事件が起きたら総選挙は延期されるのか」との質問に対し、プラウィット副首相は、「政治的トラブルは小さなものは起きるかも知れないが、大きなものは起きないだろう」と返答した。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る